Rootstock Softwareの取締役会および顧問

取締役会

当社の管理チームはビジョンと推進力を持ち、製造、流通、サプライチェーン向けの主要なクラウド ERPソリューションを提供することにコミットいたします。

Alex Hehmeyer 取締役会会長

Alexは、2つのSaaS企業を含む複数の企業のプライベートエクイティ投資家です。 彼は、ソフトウェアを自動車および機器の貸出会社で使用している企業のコンサルタントです。 彼は取締役会の会長として、確定給付制度の金融サービスおよびソフトウェア会社の調査に積極的に取り組んでいます。

以前、Alex氏は営利団体として高等教育事業に成功した会社であるCareer Choices,Inc.の共同設立者兼社長でした。 Career Choices,Inc.は、2003年にニューヨーク証券取引所の大手企業に売却されました。 それ以前は、Alexはカリフォルニアの料理アカデミーのCEOでした。カリフォルニア料理アカデミーは、営利目的で上場(NASDAQ)していました。

Alexは、投資およびマーチャントバンキングで豊富な経験があります。 彼は、Richard C. Blum & Associatesでの数年間、マネージングディレクター、法務部長、およびCFOを務め、その間に運用資産は1000万ドルから4億5000万ドル以上に増加しました。 また、企業を買収するいくつかのパートナーシップに参加し、いくつかの公開企業への投資を積極的に行いました。 Alexは、ニューヨーク証券取引所のメンバーブローカーディーラーであり、投資銀行の企業である、Sutro&Co. Incにおいて筆頭副社長、法務部長、および社長を歴任しています。 以前、AlexはPillsbury, Madison & Sutro法律事務所のアソシエイトでした。

Alexはイェール大学で学士号を取得し、さらにカリフォルニア大学バークレー校(Boalt Hall)でJD学位を取得後、カリフォルニア州法レビューの編集者としての勤務経験を持っています。

Pat Garrehy 創設者、社長、CEO & 取締役

Pat GarrehyはRootstockSoftware®の創設者、社長、およびCEOであり、ソフトウェアアーキテクトおよびエンジニアとしての幅広いバックグラウンドがあります。 ギャリー氏は、30年以上にわたる管理、販売、技術の経験に基づき、分析フォーカスとビジネスにおける実務知識を独自に融合して提供してくれます。

CEOとして、Garrehy氏は、Rootstockの軽快で強力なクラウドベース(SaaS)ソリューションの開発に、彼の広範なバックグラウンドを応用しました。 さらにGarrehy氏は、会社の戦略的方向性を設定し、管理チーム全体の全体的なリーダーシップを発揮しています。

Garrehy氏は、ディスクリート製造企業に特化したクライアント/サーバーERPソフトウェアプロバイダーであるRelevant Business Systemsの創設者兼前CEOでもあります。 2006年に売却されたRelevantは、これまでの買収企業の中で最も収益性の高い部門でした。 このソフトウェアは現在、LockheedとSolectronの主要部門を含む多くの事業で使用されており、売上高は10億ドルを超えています。

カリフォルニア大学バークレー校の卒業生として、彼は南カリフォルニア大学で経営学と数学の学士号を取得し、財務のMBAを取得しています。

Donald Caldwell 役員

Donald Caldwellは、ペンシルバニア州ラドナーに本拠を置くクロス・アトランティック・キャピタル・パートナーズ・インクの創設者、会長兼最高経営責任者です。

Donは、Quaker Chemical (NYSE)、Rubicon Technology Incorporated (NASDAQ)、Management Dynamics、ペンシルバニア美術アカデミーや経済開発委員会など、いくつかの公開および非公開企業や市民団体の役員を務めており、15のIPOのプリンシパルです。

1999年3月1日まで、彼はSafeguard Scientifics、Inc.の社長兼最高執行責任者であり、以前は同社の副社長を務めていました。 1993年にSafeguard入社前は、情報技術コンサルティングおよびソフトウェア開発のプロバイダーであるCambridge Technology Partners, Inc. (マサチューセッツ州)の最高管理責任者、Atlantic Financialの副社長そしてその後社長、また、Ernst & Young社の前身であるArthur Young & Co.の国内事務所のパートナーでした。

Brent Jones 役員

Brentは、2000年に同社を共同設立して以来、Northgate Capitalのマネージングディレクターを務めています。 彼はシリコンバレーの主要なベンチャーキャピタルファンドへの投資家であり、Data Domain、Nvidia、VA Linux、Verisityなどのシリコンバレーの新興企業へのエンジェル投資家でもあります。

Blentの現在の活動には、特にパロアルトネットワークス、ソレクセル、コビオ、Aoptix Technologies、Clearwell Systems、AdMob、Merakiへの投資の監督が含まれます。 Blentは現在、Kleiner Perkinsが支援するポートフォリオ会社であるザズルの取締役会に勤務しています。 さらにUS Venture Partnersの諮問委員も務めています。

コミュニティで活躍するBrentは、スタンフォードホスピタルストロークセンターの役員であり、ナショナルホッケーリーグのサンノゼシャークスの誇る役員でもあります。

Alex Hehmeyer 取締役会会長
Pat Garrehy 創設者、社長、CEO & 取締役
Donald Caldwell 役員
Brent Jones 役員

ERP執行役員会

Rootstock ERP執行役員会は市場、顧客、国際戦略、ポジショニングに関する事項について取締役会に勧告を行います。 Jan Baan氏、Jim Bensman氏、Bill Happel氏、T.Lee Wylie氏は、製造業とERP業界のシニア・エグゼクティブとして、非常に強力で経験豊富なチームを構成しています。 これまで彼らは、企業ERPの選択、使用、運用、およびグローバル展開を含む大企業の顧客要件など、さまざまな案件を経験してきました。

Lee Wylie 理事会会長

T. Lee WylieはGartnerの前CIOであり、ERPコンセプトの創成者です。彼はITおよび製造の分野において40年以上の経験があります。 彼はGeneral MotorsとIBMで製造およびエンジニアリングのリーダーとしての役割を果たしました。 Wylie氏は、GMのサターンスタートアップの工場フロアシステムを設計、開発および実装したチームを率いました。 Wylie氏は現在、RootstockのERP 経営ビジョン執行役員会の会長を務めています。 彼はペンシルバニア州立大学で産業工学の理学士号を、デトロイト大学でMBAを取得しています。

Jan Baan 設立者

Jan Baanは、Baan Softwareの元会長兼CEOです。 Janのビジョンにより、BaanはERP市場で業界をリードし、最終的にはフォーチュン500企業になりました。 BaanはCordysの共同設立者であり、今日の大企業に挑戦するIT実装と変更の問題を解決することにフォーカスしています。 Baanは現在、ハイテクの革新的な企業に焦点を当てるVanenburgグループをリードしています。 彼はCisco Systemsに買収されたWebExの初期投資家であり、SAPに買収されたTop Tierでした。

Jim Bensman 設立者

Jim Bensmanは、SAPのアメリカの事業の形成責任を負ったSAPアメリカの前社長です。 彼は、Manugisticsに買収されたエンタープライズソフトウェア企業であるWestern Data Systemsの創設者でした。 Bensmanのその他の指導的地位には、Geotrain CorporationのCEOおよびEventra CorporationのCEOが含まれます。 さらに、Bensmanは、Spectra Securities Software、Changepoint Corporation、Probaris Technology、Longview Solutionsの取締役を務めました。 彼は、ミルウォーキースクールオブエンジニアリングで電気工学の理学士号を取得しています。

Bill Happel 設立者

Bill Happelは、General Motorsの前副社長、およびGM Locomotive Groupのゼネラルマネージャーでした。 Billは、製造、エンジニアリング、情報技術、セールス、大学関係、一般管理など、General Motors社のさまざまな分野で働いていました。 彼は自動車部品、パワートレイン、板金加工、鉄道機関車、防衛製品など、GMのいくつかの部門で働いていました。 彼はペンシルベニア州立大学で産業工学の理学士号、ミシガン大学の産業工学の理学修士、そしてMITのスローンビジネススクールの上級管理職プログラムを卒業しています。

Lee Wylie 理事会会長
Jan Baan 設立者
Jim Bensman 設立者
Bill Happel 設立者

経営諮問委員会

Rootstock経営諮問委員会は、運用面および製品機能面でのスケーリング、資金調達および戦略的な企業開発に関する事項について、経営陣にアドバイスを提供しています。 Simon WilsonおよびMax Rayner両氏はいずれもソフトウェア業界のシニアエグゼクティブとしての実績があり、Cクラスのレベルで業務を行っているほか、国際的な急成長中のB2Bクラウドソフトウェア企業にアドバイスを提供しています。

Simon Wilson

諮問委員会議長

Simon氏の経歴には、オペレーション、財務、戦略の各分野での30年にわたる国際的なソフトウェア業界での経験が含まれています。 彼は、上場企業およびベンチャーキャピタルの支援を受ける企業の両方において、それらの経営、成長、資金調達、売買を成功に貢献してきました。 Rootstockに加えて、ソフトウェア企業の取締役会や顧問委員会などのメンバーでもあります。

これまでSimon氏は、さまざまなソフトウェア企業において、MediaTileのCEO、Corum Digitalにより買収されたデジタルサイネージ市場向けSaaSソリューションプロバイダー、EVP-OperationsのCFO、2007年にWebsenseにより買収された、インターネットセキュリティの上場企業、SurfControl PLCのCFOなど、最高経営責任者(CEO)、最高財務責任者(CFO)、経営企画の役職を歴任しました。 Simon氏は、SurfControlでの就任以前、KPMGの米国法人のパートナーでした。 コーポレート・ファイナンスの実践において、Simon氏は米国および世界中のソフトウェア・ITサービス企業に対する経営企画戦略およびM&Aサービスに関するアドバイスの提供を専門としています。

Simon氏は現在、PCI-PAL PLCの会長、およびEndace PLC(Emulexが買収)、M86 Security(Trustwaveが買収)、Workshare(SkyDoxが買収)にて独立取締役、さらに会長を歴任しました。 また、PCI-PAL、July Systems(Ciscoが買収)、The Innovation Group PLC(カーライル・グループが買収)などの幅広いソフトウェア企業に対して、国際的な成長、資金調達、M&Aの顧問サービスを提供しています。

Simon氏は、英国バーミンガム大学でBComm(顕彰)を取得しています。 彼は、イングランドおよびウェールズの公認会計士協会のメンバーです;さらに、Chartered Institute of Marketingのメンバーでもあります。

 

Kirk Crenshaw

顧問

Kirk Crenshaw氏は経営者、起業家、スタートアップアドバイザーとして25年以上の経験を有しています。 Kirk氏は、DemandBase、Appirio(Wiproが買収)、2lemetry(アマゾンが買収)などのハイテク企業でマーケティングをけん引した経歴を持っています。 現在は、手作りの超高級なクラフトテキーラを米国で販売するために作られたプラットフォームである、Sip Tequilaの共同設立者となっています。 また、Studio Science、Traackr、Woobot、Supperbell、Instoreなどの企業にも助言を提供しています。 カリフォルニア大学バークレー校 ハース・スクール・オブ・ビジネスで財務およびマーケティングの理学士号を取得しています。

 

Ted Christianson

顧問

Ted氏は、Salesforce.comプラットフォームで最初の2年間、Rootstock Softwareの事業開発担当副社長を務めました。

起業家であり、業績回復を得意とするCEOであるテッド氏は、自身の会社であるTed Venturesを通して、スタートアップや既設企業の成長を支援しています。

Ted氏は、サプライチェーンマネジメント、ERP、データ分析、NoSQLデータベース(セマンティック・ウェブ)などのソフトウェア会社を設立したり、あるいはそれらに対する助言を提供したりしてきました。 またTed氏は、光ネットワーク、産業用コンポーネント、ビジネスおよび消費者市場向けオフィス製品の製造会社の設立、指導、助言などにも従事してきました。

Ted氏は、ミネソタ大学カールソン経営大学院を卒業し、現在はバルク材料用の空圧輸送システムの大手メーカーであるChristianson Systemsの共同創設者兼会長です。 テッドは四つの特許を取得し、CPA試験に合格、さらにミネソタ州の「World Trader of the Year」賞を受賞しました。

 

Steven Berger

NYF Properties, Inc. 社長

Steve氏は、New York Fabrics(JoAnn Storesが買収)、NYF Properties、TurnItIn(Insight Venture Partnersが買収)、2lemetry(アマゾンが買収)など、さまざまな民間企業のオーナー、社長、会長として40年以上の経験を有しています。

Steve氏は、さまざまな若い企業の投資家兼アドバイザーとして、しばしば初期段階の投資ラウンドをリードしており、さらに取締役会の役員を務めています。 長年教育に関心を持ち、数学コンテストのコーチ、カリフォルニア大学バークレー校起業家クラスの指導者、さまざまな大学競技会の指導者、および大学予備校の理事も務めています。 スティーブ氏はまた、非営利の教育機関であるThe Partners Programの前会長兼現取締役でもあり、教育水準の低いオークランドの中学生を対象に、学問的に豊かな夏期プログラムを開催したり、通年の家庭教師などを無料で提供したりしています。 彼はスタンフォード大学を卒業し、バークレーに在住する熱狂的なサイクリストです。

 

Max Rayner

顧問

Maximillian Rayner氏は、市場戦略と技術戦略、アジャイルなビジネス変革、製品革新に重点を置いた戦略的顧問会社であるHudson Crossingのパートナーです。 Hudson Crossingの顧客は、世界的なホテルブランドから、プライベートエクイティやベンチャーキャピタル企業、世界的な大手金融サービス企業、大手カジノやエンターテイメントグループ、航空会社、旅行流通やテクノロジー企業、eコマースやデジタルマーケティングのためのビッグデータソリューションのスタートアップまで多岐にわたります。

Rayner氏は、自身の実践分野において、変革のための投資や技術関連プロジェクトについて、以下のような世界の主要企業に対するアドバイスを行っています: Amadeus、American Express,Booking Holdings、Choice Hotels、Expedia Group、Flight Centre Travel Group、Four Seasons、Hilton Worldwide、Hotelbeds、Hyatt Hotels Corporation、Lychee.com、およびBattery Ventures、Comvest、EQT、Thoma Bravoなどの主要な投資会社。

Hudson Crossingのパートナーになる前は、TravelClickの製品エンジニアリング担当上級副社長兼予約ソリューション担当ゼネラルマネージャーを務めていました。

Rayner氏はまた、TravelzooでCTOを務め、Travelzooの製品開発、エンジニアリング、ITを統括した経歴を持っています。

それ以前は、情報セキュリティプロバイダーであるSurfControl(63%の株価プレミアムで販売)において、製品/サービス担当EVPおよびCIOを務めていました。

Rayner氏は、Salesforce.comでシステムアーキテクチャ担当副社長を務め、Salesforce.comのインターネット規模のホスティングプラットフォームの設計に携わり、Sun Microsystemsのビジネス・インテリジェンス・システムおよびグローバル・インターネット・エンジニアリングの責任者を務めました。

Rayner 氏は、UCLAでMBA(金融)、ダートマス大学で学士号(コンピュータサイエンスおよびエンジニアリング)を取得しています。