SalesforceはERPですか?

SalesforceをERPと統合することの利点。

SalesforceはERPですか?

Salesforceは世界一の顧客関係管理(CRM)プラットフォームですが、企業資源計画(ERP)システムではありません。 Salesforce CRMは、販売とサービスに関する多くの重要な機能を提供しますが、在庫、生産、サプライチェーン、財務管理などのERP機能については提供していません。

これまで、多くの組織は、Salesforce CRMを従来のERPに接続し、データを同期や取引のやりとりを実行するために、複雑なシステムインターフェースの開発を余儀なくされていました。 Rootstock Softwareのように、Salesforce Platform上でネイティブにクラウド ERPを開発している企業が登場した今、その必要はもうありません。 実際、企業はSalesforce PlatformでCRMとERPの両方を実行できるようになりました。

では、SalesforceはERPとなったのでしょうか? いいえ。ただし、すべてSalesforceクラウドプラットフォームでCRMと一緒にERPを実行できます。 Rootstockクラウド ERPとSalesforce CRMは、同じデータモデル、ユーザーインターフェース、システム管理、セキュリティプロファイル、レポートツール、コラボレーションツール(Chatter)、ワークフローエンジン、AIなどを共有しています。

SalesforceのRootstockクラウド ERPは、メーカーとディストリビューターに顧客とビジネスに関する360度にわたる知見を提供し、さまざまな方法でコストを削減します。

Salesforce向けERP

メーカーがSalesforce PlatformでRootstockクラウド ERPを選択する主な理由はいくつかあります。

  • 投資収益率(ROI)の高速化。
  • アジャイルマニュファクチャリングの効率と生産性の向上。
  • 柔軟性と拡張性。
  • Salesforce CRMとのシームレスな統合により、より良いカスタマーサービスを提供します。

SalesforceのERPシステムによるROIの高速化

ERPシステムの成功を測る最も重要な指標は、投資収益率でしょう。 メーカーとして、SalesforceのRootstockクラウド ERPを使用することで、オンプレミスERPシステムよりも高速なROIを実現することができます。

  • Salesforce ERPシステムは、従来のオンプレミスシステムよりも迅速に実装できます。
  • 設備投資の削減につながります。 インストール、構成、管理するための高価なハードウェアやデータベースを必要としないため、RootstockのSalesforce ERPシステムを使用することで、これらにかかるコストを大幅に削減できます。
  • 統合コストの削減につながります。 Rootstockクラウド ERPは、オンプレミスまたはマルチクラウドERPに関連するERPからCRMへの統合やメンテナンスにかかる高いコストを回避し、IT部門がより戦略的なプロジェクトに取り組むことを可能にします。
  • システム管理コストの削減につながります。 ERPとCRMは同じユーザー権限セット、セキュリティシステム、データベースを共有しているため、Salesforce管理者はERPとCRMを管理できます。
  • トレーニングコストの削減につながります。 RootstockとSalesforceは、同じユーザーインターフェース、レポート、ダッシュボード、AI、ワークフロー、ソーシャルメディア、コミュニティ、アプリ開発ツールを共有しています。 追加のクラウドまたはオンプレミスERPシステムにかかるトレーニングコストを回避できます。
  • 時間とコストのかかるアップグレードを回避しましょう。 RootstockクラウドERP ソフトウェアの更新は、クラウドから簡単にダウンロードできます。
  • 独自のアプリとユーザーエクスペリエンスの作成に、より多くの時間を費やしましょう。 追加のプラットフォームによる過度のIT、システム管理、トレーニング、統合コストの負担なしに、Rootstockのローコードテクノロジーを使用して差別化されたアプリの開発にリソースを投資し、ビジネスを前進させることができます。

Salesforce ERPによるアジャイルマニュファクチャリング

アジャイルマニュファクチャリングは、企業が急速に変化する顧客の需要に対応するために役立ちます。 SalesforceのRootstockクラウド ERPは、クラウドを介した高速データおよびアプリケーションアクセスを提供し、効率化された再現可能なビジネスプロセスを可能にします。

  • 企業全体で手動タスクを自動化および効率化します。
  • いつでもどこでも使用可能なモバイルアクセスにより、サプライチェーン全体の効率と生産性を向上させます。
  • 従業員が臨機応変にビジネス上の意思決定を行い、いつでもどこでも問題を解決できるようにします。
  • より迅速かつ正確にデータを入力します。
  • 顧客の注文をより迅速に処理します。
  • CRMとERP全体でキャッシュ化プロセスの機会を改善します。

Salesforceでの柔軟で拡張可能なERP

メーカーは、市場の変化や顧客の需要の変化に迅速に対応できなければなりません。 Salesforceのクラウド ERPシステムは、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンし、使用するコンピューターリソースに対してのみ料金を支払うことができる柔軟性を企業に提供します。

Rootstockクラウド ERPは、見込生産、個別受注生産、注文構成、プロジェクトベース、混合/ハイブリッド製造、製品のサービス化など、複数の製造モードで同時に実行するための構成可能性と柔軟性を提供します。

柔軟性とは、ビジネス要件が変化した際にビジネスプロセスとワークフローを変更できることも意味します。 たとえば、Rootstockクラウド ERPはカスタマイズ可能なワークフローと自動化された管理ツールを提供し、コードではなくクリック操作ですばやく対応できるようにします。

SalesforceとERPの統合

オンプレミスERPシステムを使用している多くのメーカーが、これらのシステムを拡張して他のソフトウェアと統合することに苦労しています。 もちろんERPを他のソリューションと統合する方法はありますが、すでに統合されている1つのシステムを使用できるにもかかわらず、なぜそのような手間をかける必要があるのでしょうか?

Rootstockクラウド ERPはSalesforce上に構築されており、Rootstockを導入するメーカーとディストリビューターは、この自然な統合を様々な方法で利用できます。

  • CRMとERPを組み合わせて、販売と運用業務を統合させましょう。 これにより、会社の両側で1つのデータセットを360度可視化し、部門間のサイロを解消できます。
  • 使いやすいオンラインメッセージングシステムであるChatterやコミュニティなどのSalesforceコラボレーションツールを使用して、人、部門、サプライヤー、パートナーを接続します。コミュニティは、すべての利害関係者をオンラインで集めて情報や知見を共有します。
  • RootstockのSales and Operations Planning Engineを使用してSalesforce Manufacturing CloudでSales AgreementsとAccount-Based Forecastingを活用し、より正確な予測を作成します。
  • 問題をより迅速に解決し、顧客体験を向上させることにより、カスタマーサービスで競争します。 リアルタイムコラボレーション機能を備えたSalesforceのオンサイトジョブ管理プラットフォームであるField Service Lightningを使用して、カスタマーサービスを次のレベルに引き上げます。
  • Salesforce AppExchangeで利用可能なアプリケーションを使用してソリューションを拡張します。 例えば、 ComplianceQuest Enterprise Quality Management System (EQMS)は、製品のバリューチェーン全体で、企業の品質、コンプライアンス、コラボレーション、コミュニケーションを繋ぎます。

ハイテクおよび電子機器メーカー向けクラウド ERPの詳細